読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪男ウォッチ

恋愛文化人類学が趣味の外資アラサーOLによる、ラブ魔窟サバイバル記録。

2015年版『妖怪男ウォッチ』よく読まれた記事ランキング☆妖怪退散!

執筆のお仕事

先輩うーすっしわーっす(挨拶)こんにちは、ぱぷりこです。

2015年も残すところあと1日…1日ぃ!?となっている私です。いやー早いですね。別にyearといやーかけてるわけじゃないです。

12月の記憶は主に酒・アルコール・ヘパリーゼという感じですが、総決算的に2015年の軌跡を振り返ってみましょう。なにげにこのブログは2014年11月に立ち上げたので、ほぼまる1年が経ちました。ありがとうございます。(半年、死んでたけどね!)

公開時期やらの問題はあるものの、どれが読まれたのかなー!?ということで、ランキングを作ってみましった。除夜の鐘を叩いて煩悩ついでに妖怪も爆散させつつ、本ブログ記事で厄除けしてくださいねっ☆ぱぷぱぷ!

2015年版:よく読まれた記事ランキング トップ10

※2015年12月30日現在 

1位 自己愛女子×モラハラ男の地獄マリアージュ

最近の記事が見事ナンバー1。私としてはこのアイキャッチがすごく気に入っている。自己愛女子×ハイスペモラハラ男は記号婚としては最高☆なんだけども、その先の「子供」を想うと心が潰れそうになります。合掌。Facebook拡散されたので、非常に読まれました。これと合わせてコンサルモラハラ記事(8位)も再び注目されました。

2位「心がヤリチンすぎるけど大丈夫?」って男性陣に言われました

初期から根強い人気を誇るこちら。「ヤリチンの思考と手法をよくぞここまで暴いた」とヤリチン男性によく褒められます。ヤリチンのお墨付きもらったことなんで、女子たち〜〜〜ヤリチンにはまりそう&はまってる女子たち〜〜〜読んで〜〜〜(念波)

3位 「関係が不平等」が前提の男が選ぶ女はちゃんとしてない

2位にひきつづきヤリチン記事が人気。これ本当に笑えるんですけど、遊んでる人に限って「ちゃんとしてる人がいい」っていうの何のパラドクス?鏡に映るあなたと私(globe)的なあれ?「俺は好きにするから我慢して?」ていう自己中男が選べる女は自我が弱い女か策士しかいないですよっていう話。1位の記事とも通じる。

 4位 キラキラ女子の憧れVERY妻。紙面の抱腹絶倒ワードに夢中

 元ネタをパロられたので、それをさらにセルフパロしたのがこちら。「VERY妻」は「キラキラ女子」の目指す先だと思うのですが、この2つのワードは2015年の2大興味深々ワードでありました。収支徹底した「見られる」意識でできあがっている彼女たちの自意識の闇は今後も探りたい。

元ネタはこちら

 本当にいるんですよね、こんな人…。悪霊退散で護符500枚ぐらい投げたよ。

5位 「好き避け」は、ありまぁす!その生態を観察!

Google検索流入が多い記事。定期的に腐女子の方々が「やばいこれ○○と××で考えると激萌えする!」と言ってくださっているのを見かけてほっこりします。ぜひ薄い本のネタとして使ってください(・ω<)-☆

6位 自意識をヤリチンに削られた女子が叫ぶ呪詛

記念すべき初500ブクマ越え記事でした。去年末の記事が「ヤリチン牧場」「コンサル男」「セフレ魔女」で爆発しているあたり、年末に持ち込まれる案件の闇深さを物語ってますね!

 7位 『哲学』『内省』という自己解体の2大テーマに触れた記事

 もっと読まれているかなーと思っていたのに意外なポジション。とはいえ、お焚き上げ相談ではほぼ100%近く「この記事を読んで、哲学と内省をはじめました」という声を頂いており、弊ブログの代表的な記事だなぁと感じています。今思うとこのブログで多発する「解体」「哲学」とか、本当に恋愛ブログとは思えないよね☆

 8位 みんな大好きコンサルタント男子はAIですけど、いいですか?

 妖怪コンサルウォッチの基礎を築いたのがこちらの記事。記事内で進めている「良心をもたない人たち」はぜひ読んで欲しい良作。社会的なステータスがある人の言い分=正しい、と思いがちなので注意!

 9位 「形だけでも繋がりたい」ってそれ、本当に幸せ?

「終わりにする」という行動は心的負担も高いしコスト高だからといって「どっちでもいい」と放置するのは少しずつHPを削る毒状態だよ、というお話。「ちゃんと殺す」という優しさと誇りを持て。

10位 ラースのバカ!もう知らない! 

レビューもので唯一ランクイン。前後合わせた4時間の絶望、年末年始にいかがでしょうか。夫婦(カップル)でみるとその場が凍ると噂の「ゴーン・ガール」も一緒にどうでしょう。

papuriko.hatenablog.com

 

そのほか反響があったもの 

 ランキング外になったものの、反響が大きかったものをいくつか。

2日前の記事ですが、いわゆる「いい子ちゃん」がなぜ不倫という「法と倫理に反する」行動にはまるのか、という過程分析記事。受け身・自分の意見がないのを「いい子」と表現するの、もうやめません?受動的=カモである!復唱!受動的=カモである!

「痛い・つらい・苦しい」を「これって恋愛☆」って置き換えてしまう危険性と、初恋&失恋イベントの予防接種をすませずにアラサーで罹患して爆散する様子を書きました。 

「私の不安をケアしてよ!」という誘い受け的行動をとりがちなそこのあなた、ちゃんと読んで!人は思うだけでは気持ちは通じない。本心を隠して天邪鬼な行動をとっても漫画のように「つらかったな」なんて抱きしめられてハッピーエンドなんてないよ☆ 

『アラサー少女漫画』というジャンルで大人気の2つの漫画について、「うーーーーん」と思った点を分析しました。上記「私が逃げても追いかけて」にも通じますが、自信がない女はカモにはなってもモテはしない。

 

ちょっと記事全体を見ていたら濃度にくらくらしてきたので、ブログ内で最も平和なこちらのエントリを紹介。外食戦争の隙にリンネル女子的な雰囲気で出してみました(・ω<)-☆

 2015年総括

今年は半年ほどほぼ活動しておらず、ずいぶん時間が空いてしまったのですが、なんやかんやと復活してからはそこそこ頑張って書いた…ような気がします。

連載が増えたことや、noteのお焚き上げを始めたことで、ブログの更新頻度が落ちているので2016年はますます筆圧高く!分析濃く!頑張っていこうと思いますのでよろしくおねがいいたしまーーーす!!!!

お焚き上げ相談やってます

イッタランドの生息地