読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖怪男ウォッチ

恋愛文化人類学が趣味の外資アラサーOLによる、ラブ魔窟サバイバル記録。

コンサル男の9割は金持ってるモラハラですよ

高学歴&高収入のコンサルタントは、合コンでは万年売れ筋の大人気案件。

でもわたしはマジで無理。だって彼らは人の皮を被ったAIだから。「てめえらの血はなに色だーっ!!」と叫ぶ前に、そもそも血、流れてないから。

 

 コンサル男の冷血モラハラ率がやばい

モテる女子も夢見る女子もあまねくメンヘラに突き落とす、それがコンサル男。物理的には高スペックかもしれませんが、精神的スペックはグラウンド・ゼロ。人間的な思いやりや共感、良心、美的感覚が欠落し、「女性はあまねく低能で、その愚かさを許容してあげて愛玩するもの」だと思っています。

『良心をもたない人たち』によれば「25人に1人は良心を持たないサイコパスだそうですが、コンサル男にいたっては25人に22人はサイコパスだと思っていいでしょう※。

※新卒でコンサル会社に入ったプロパーの9割(推定)。非コンサル会社からコンサル会社への転職組は、赤い血が流れている人がいて心のオアシスです。

良心をもたない人たち (草思社文庫)

良心をもたない人たち (草思社文庫)

 

なんで私が世にいう高スペック男子であるコンサルタントをここまで蛇蝎のごとく嫌うかって?彼らの冷血モラハラっぷりに血の涙を流して、精神崩壊しかけたからです♡父がコンサル男、兄がコンサル男、兄の友達がコンサル男、デート相手がコンサル男、友達の彼氏がコンサル男、彼らに傷つけられ、回復するまでに青春を費やしました。

ではパンドラの箱をどかんと開けて、実際に私が言われた4つの言葉を見てみましょう。

 

1.問題点は整理しておいたよ(君のね)

そう、例えば喧嘩をした次の日に、Wordで作った「昨夜の討論で表面化した関係性における問題点サマリ」みたいな文章を机の上に置いておくような人がコンサル男。

ロジカルであることを至上命題にしている彼らに、感情で立ち向かうなんて愚の骨頂。彼らにとって感情などというものは、論理思考という神器に恵まれなかった愚民が持つものだと思っています。

つらい・寂しい・悲しい・不安なんていうオトメンヘラな感情で彼に詰め寄ろうものなら、返り討ちにあうことは必須。下手なこと言えば「結論から言ってくれる?」と冷たく言い放たれるのが目に見えますね!

まぁ、そもそも、私はあなたの部下でもなんでもないのだが。

もちろん問題点があるのは、彼の脳内では女性側のみ!

彼らは自分の貴重な時間(時間単価うん万円)を使って話を「聞いてあげた」と思っていて、自分に問題があるなんてさらっさら思っていませんからね。

時間を割いて話をきいてやっただけありがたいと思え。超絶上から目線です。自分が上から目線であるなんて、考えたこともないくらいデフォルト設定です。

21世紀に専制君主制を復活させたいなら、仕えるのもありですが、オススメしません。 

 

 2.君は頭がいいね(だって俺と話ができるからね)

彼らは自分たちの頭脳が誇るべきものであると思っています。それはもう呼吸をするのと同じくらいの常識ですので、あえて触れるまでもありません。

ニコニコしながら女性のことを「賢いね」などと褒めたりしますが、これ、思いっきり見下しています。だって、自分にとっては呼吸するのと同じくらい当たり前の賢さを誉めるって、「そう思ってなかったから」ですよね!

彼らは、自分の相手には癒しや従順さや見た目の良さや若さなど「社会的な体面を損なわず、かつ自分の手を煩わせない」要素を強く望んでいます。

知性や仕事の出来やキャリアなどは、最低限は求めるだけ※です。

※この最低限というのはあくまで「コンサルタント男子」が求める最低限であり、世間からみたら高いハードルなのは言わずもがな。

二足歩行できて言葉もしゃべれて、料理やセックスも提供できて、彼が居心地がいい環境を提供するトイプードルになりたいなら、それもいいかもしれませんね☆

 

 3.今の話のポイントはどこ?軸は?(無駄な時間を取らせるな)

24時間、働けますか?を地で行くコンサルは、仕事とプライベートの境目がありません。なので、何気ない日常会話に「仕事モード」の考え方やら単語やらを挟んできます。

「そういえばなんか○○だって話聞いたんだよねー」なんていう日常話を彼に振ろうものなら、「それ、ファクト?」「その話のゴールはどこ?」というレビューが入ります。あなたは社会の歯車ですが、コンサル男にとってはPDCAサイクルの歯車でもあるのです!

ただの日常会話でしょう、そこつっこむ話?と思っても、イラっとした顔なんてせずに「えーごめんね、テキトーに話しちゃった~」とかわいくごめんなさい♪して会話を終了させましょう。

ここで立ち向かっても相手の機嫌が非常に悪くなった上に、彼の中では意味のない会話を投げかけたあなたが悪いためさらに心象が下がるだけです。

謝ると、「わかってくれてよかったよ」なんて優しく言われることでしょう。何がよかったのか小一時間問い詰めたいですが、名誉ある撤退を!

 

4.俺、けっこう忙しいんだよ?(時間単価いくらだと思ってるの?)

わ かってる?君の話を聞いてあげている時間、君と食事をとってあげている時間、君と過ごしてあげている俺の時間は、名だたる大企業の重役がお金を払って買っ ている時間なんだよ。指名でのコンサル依頼もあるんだよ。その俺の貴重な「財産」である時間を、君に使ってあげているっていうことの意味はもちろんわかっ ているよね?そしてそれにどれだけ価値があるかもね。

 

っていうのがこの言葉の意味ですよーーーーー!!!!!!!!!!!

これ試験にでるから、皆覚えておいてね!!!!!

先生いいましたよ!!!!

もう一度いうよ!!!!

試験に、出る、よっ!!!!!!

 

書きながら脳血管がぶちぶち2~3本は切れてしまいそうな発言からも、彼らが「○○してあげてる」という意識をどれだけ根深く持っているかが読み取れますね。

さらに、そんな俺が選んだ君は素晴らしいよ、なんていうか褒めてるんだかバカにしてるんだかわからない(バカにしてますよ)意味も含んでたりします。

優秀なコンサルの彼が私のために時間を割いてくれるなんて私ってイイ女☆と馬鹿みたいな承認欲求で満足できるならいいですが、人扱いじゃなくて「愛玩動物」だってことはちゃんと心に留めといてくださいね。

 

☆要注意!ここでわかる☆冷血モラハラコンサル男チェック☆

  • 彼は非常に優秀で、経歴も華々しく、あまり挫折経験がなく、仕事で評価されている。社会的な「勝ち組」である。
  • 世間や「一般人」、 あなたの世界やあなたの友人、あなたの親などを見下したような発言をする
  • 「この俺が選んだ君」だから「俺の利益を損なわない」よね、という無言の圧力を感じる。
  • 「こんなの常識でしょ?」という基準と「あるべき」論を振りかざしてくる。
  • 「そんなことも知らないの?」と、彼の常識界において知らないことを見下してくる
  • 「効率化」「時間=金」「利益最大化」が骨の髄まで染み込んだ、徹底的効率主義。
  • 芸術的な感性が極端に乏しい。「アートや小説に時間を使ってなんのリターンがあるの?」が口癖。

□ものを買うときには基本的に「他より金額が高い」ものを選ぶ。とりあえず高い=いいものと思っており、金銭によって感性の貧しさをカバーしている。

 

こんな特徴を持つ男と一生一緒に過ごすためには、彼らの生涯年収じゃちょっと足りないと思うのですが、いかがかしら。

 

血も涙もないおすすめモラハラ本

良心をもたない人たち (草思社文庫)

良心をもたない人たち (草思社文庫)

 

 「25人に1人は良心を持たないサイコパス」——いや多すぎだから。そんな衝撃をつきつけた本書は、モンスター男に出会ってしまった被害者女性に必須の書。被害者にありがちなドリーム「優しく接していれば、いつかわかり合えるかもしれない」なんていうのは100%ありえない絵空事ヾ(*ゝω・*)ノ☆☆☆と情け容赦なくぶったぎってくれる、すばらしい本です。25人に1人ってことは必ず自分の周りにいるということなので、被害にあう前に読みましょう。回避こそ最大の防御。

モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない

モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない

 

 モラハラについて百戦錬磨の精神科医が書いたベストセラー。尊敬するカウンセラーからオススメされました!なにがすごいかって、被害者の精神的特徴がばっちり書いてあること。被害者は「自分が悪い」って思ってしまうものなんです(吐血)。回避は最大の防御だけど、回避できなかったら次はこれ。ちょっとでも「これってモラハラ?」と感じたらそっこー読むべし。

高学歴男はなぜモテないのか (扶桑社新書)

高学歴男はなぜモテないのか (扶桑社新書)

 

「あるあるあるあるあるーーーーー」とページを繰りながらうわ言のように叫び続けてしまいました。もっと言ってやって!人を見下している俺様のうちは人間界には来ちゃだめって言ってやって!

 

関連エントリ

 女を見下し、自分が絶対的強者という設定で語りかけてくる点においては同類。でも、コンサルと違って非論理的でした♡会話が成立しなくてすごかった♡